benimonageha’s blog

蝶のことや自分の好きな生き物のことを書いていきます

ヒョウ柄の蝶

ツマグロヒョウモンと呼ばれる蝶がいます。

僕の部屋の窓の外に小さなガーデニングスペースがあって手入れしないでいると勝手に生い茂る雑草や花によく飛んできます。

夏なんかは窓を開けるとどんな虫が入ってくるわからないのであまり開けなかったのですが、ツマグロヒョウモンやセセリを見つけたときはできるだけ近くで見ていました。まぁ昔の話ですが。

 

 

9月に港の見える丘公園ガーデニングスペースで撮ったツマグロヒョウモン

f:id:benimonageha:20191016162307j:plain

花の蜜を吸っているツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンも雄と雌で柄が異なり写真の子は雄みたいです。

この種類はカバマダラとゆう有毒の蝶に擬態しているらしく優雅に舞う飛び方も似ているらしいです。

 

実はベニモンアゲハも雄と雌で見た目も異なり幼虫の時に食べるウマノスズクサ類から毒素を取り込んで自らを毒化して敵から身を守るんです。

鮮やかな見た目は周囲への警告色なんです。

 

そしてそのベニモンアゲハに自らの見た目を似せて身を守っているシロオビアゲハとゆう蝶のベニモン型と呼ばれる個体がいるんです。

残念ながらその個体の写真はまだ撮れていないので今度探して写真に収めてきます。

 

カバマダラに関しては日本にはいないみたいです。

 

蝶に限らず自然界では違う個体への擬態化という形で身を守る生き物は沢山いますよね。

人だって着る服や髪型や振る舞い方で難を回避できたりしますしね。

 

f:id:benimonageha:20191016162541j:plain

棒の黄色い部分に止まってこっちを見ているツマグロヒョウモン

自分と同じ黄色いものが好きなんでしょうか、それともこの部分と一体化しているつもりなんでしょうか、いずれにしても可愛いですね。

見ていると結構黄色い花や黄色い部分に止まっていました。
ズームで撮った写真がなかったんですがこの子は目も黄色いんです。
そして体は白、これならカモフラージュもしやすいですね、素晴らしい配色だ。

真夏にはほとんど見なかった気がするんですが、少し涼しくなってきてからはいろんな場所で見るようになりました。

 

 

僕は黄色が好きでついこの前まで乗っていたスクーターも黄色でした

f:id:benimonageha:20191016170904j:imagef:id:benimonageha:20191016171008j:image

鎌倉から葉山に向かう海岸通りで休憩中の在りし日のLEAD110

 

f:id:benimonageha:20191016162337j:plain

花の黄色い部分を吸い尽くしつつあるツマグロヒョウモン

こうやって黄色成分を摂取しているのでしょうね。