benimonageha’s blog

蝶のことや自分の好きな生き物のことを書いていきます

クロアゲハ

クロアゲハ

の写真だけが手元にとても少なくて、黒いアゲハチョウの中では一番見かけそうなのに一番出会えないんです。

f:id:benimonageha:20191018215603j:plain

鎌倉山公園で撮ったクロアゲハ

この子は8月頃鎌倉山公園で見つけました。

自然の蝶はそれこそどのタイミングで静かになるかわからないため写真に納めるには根気強さが求められますね、暑さと蚊に対して。

 

しかし蝶はあからさまに人を避けて飛ぶようなことはしないんです。

むしろ見てると寄ってきて周りをぐるぐる飛んでくれたりするんですよ。

可愛いですね。

 

だから初めのうちはそれを写真に撮りたくて自分もぐるぐる回っていました。

でも意味なくて、結局蝶にしてみれば嬉しかったり楽しいからそばで舞ってくれているわけで、わざわざじっとして写真に収まる気など無いわけですからね。

きっととにかく自分が舞ってる綺麗な姿を見ていて欲しいんでしょうね。

心の写真に収めて欲しいんでしょう。

 

夏に鎌倉を歩いていると優雅に横を追い抜いて行く黒いアゲハチョウが頻繁に見られるんですが、以前調べてみたら蝶道と呼ばれる各々蝶が日頃から通る道があるそうで、そこを朝の9時頃から夕方の4時頃までの時間帯を日に何度か通るそうで、さらに研究熱心な方達はそれらの蝶の里まで見つけ出すみたいですからね。

同じ個体が巣を作るように沢山いるそうです。

 

クロアゲハの巣なんて一度見てみたいですね。

 

f:id:benimonageha:20191018215517j:plain

昆虫園で仲間と休息に入ったクロアゲハ

 

 

昆虫園ではあらゆる種類の蝶がわけ隔たり無く戯れて一緒に飛び回っているんです。

自然では滅多に見ることができない光景です。

ただ昆虫園にいる蝶はあまりに人への警戒心が小さいせいか、地面にも普通に居座っているので気をつけないと踏みそうになります。

 

f:id:benimonageha:20191018222006j:plain

クロアゲハ

 

飛んでいる姿を遠くから見るとカラスそっくりなんですよね。

特に空が青い日に少し離れたところを飛んでいると一見カラスに見えるんですよ。

写真を始めるまではカラスアゲハはクロアゲハのただの別名かと思っていました。

まさか青がかっている種類の方がカラスアゲハだとは思いませんでしたね。

 

正直上の子みたいに真っ黒い方がカラスに近いと思いますがね。

 

僕はあんまり研究家とか専門家みたいなことは興味が無いので、名前もそんなに興味は無いんですよ、それに個体差って何に付けてもあるじゃないですか。

みんな黒いわけだし、クロアゲハでしょう。

 

綺麗なものは綺麗なんですよ、特に黒は人を魅了する色ですからね、黒い蝶は綺麗だ。