benimonageha’s blog

蝶のことや自分の好きな生き物のことを書いていきます

シロオビアゲハ

 

シロオビアゲハをを初めて見たときなんて美しい蝶なんだと感激しました。

 

 

多摩動物公園の昆虫園で撮った写真が沢山あるんですが、訪問する日によって撮れやすい蝶が変わるような気がしています。

 

 

なので目的の蝶が撮れる時は夢中で同じ蝶を何十枚も撮ってしまいます。

 

 

f:id:benimonageha:20191026112148j:plain

翅を休めるシロオビアゲハ

 

黒い地なので鮮やかな翅模様も魅力がありますが、シンプルな模様であっても目を惹きますよね、とりわけこの蝶は黒に白ですからね。

 

f:id:benimonageha:20191026112250j:plain

食後の休息に入るシロオビアゲハ

 

 先日足立区生物園売店で入手した”ときめくチョウ図鑑”にはシロオビアゲハが載っていなくてネットで調べてみたら熱帯域に広く分布しているようです。

沖縄では普通にいると書いてありますね、ツマベニチョウと同じくハイビスカスの花に寄ってくるみたいです、ちょっと以外でしたね。

 

f:id:benimonageha:20191026112256j:plain

こっちを見ながら蜜を吸うシロオビアゲハ

f:id:benimonageha:20191026112253j:plain

少し眠たげなシロオビアゲハの優雅な佇まい

      

シロオビアゲハの雌にはベニモン型といってベニモンアゲハに模様を似せることで敵から身を守る固体がいるようです、確か他にも似たような特性を持つ種類がいた気がしますね。

 

 

ちなみにベニモンアゲハは幼虫の時にウマノスズクサという毒性のある草を餌にするのでそれが残留した成虫を食べた捕食者は毒に当てられてしまい、以後ベニモンアゲハを捕食しなくなるらしいです。

 

 

 

クレバーな蝶々ですね。