benimonageha’s blog

蝶のことや自分の好きな生き物のことを書いていきます

レモンスカッシュなボディのリュウキュウアサギマダラ

やっぱり南国の蝶は明るい模様になるのでしょうか、蝶は本当に様々に個性的な柄を持っていて見るものを飽きさせませんね。

噛みついたり刺したり、痛いこともしないし優しさの結晶ですね。

f:id:benimonageha:20191106201802j:plain

レモンスカッシュ風な蝶はリュウキュウアサギマダラ


写真を始めるまで蝶にあまり見識の無かった僕はリュウキュウアサギマダラの身体を最初に見たときレモンスカッシュとランディーローズのギターを連想しました。

 

蝶は表と裏で模様が違うのも面白い特徴ですよね。

 

翅を閉じてると表と裏の柄が一致せず蝶の名前が出て来ないときがあります。

f:id:benimonageha:20191106201805j:plain

翅を広げたリュウキュウアサギマダラ

 僕の中では勝手に蝶と言えば日本の虫みたいなイメージが合ったんですが、蝶を調べていると国や地域によって色や柄も違い、それを追いかけて世界中に採集しに行く人がいるんですよね、標本コレクターとか。

f:id:benimonageha:20191106201812j:plain

暗めに写ったリュウキュウアサギマダラ

光の当たり具合で見え方も変わってくるし、まさに宝石ですね。

僕は妖精だと思っているんですが、実際に昔は国によって妖精は魔物を意味したようでそれはきっと幼虫の時期に作物を食べてしまうとか、そういったことに起因したのではないかと思います。

 

描かれる妖精の羽も蝶の羽に見えるし、どの時代の人間も大体はこんなに美しい生き物を見たら魅了されると思います。

 

きっと僕みたいなやつが妙な妄想をして妖精というキャラクターを作ったんでしょうね。

f:id:benimonageha:20191106201808j:plain

フェアリーはラテン語のフェイトが語源

Wikipediaフェアリーは民話Fairy taleに登場するゴブリンや様々な架空の生物を指すのに使用される語、と書いてありますね。

 

日本では妖怪の妖という字が妖精にも入っているところからして人を”魅了する”精霊とか別の世界に”惹き込む”生き物みたいな、やっぱり蝶のことなんじゃないかって思いますね。

 

f:id:benimonageha:20191106213145j:plain

妖精だと思えばまた見方も変わるかも

蝶という漢字を見てみると世の木となる虫と読めますよね。

 

世=自然の木=要となる虫と読めるんじゃないかと勝手に思っています。

 

だから蝶は人間の心だってきっと育んでくれるんだと思っています。

 

ミツバチのことはよく世界中で言われますが、実は蝶も世界には欠かせない生物なのではないでしょうかね。

 

そんな見方で蝶を追いかけているといつの間にか忘れてしまった大事なことを僕に教えてくれるんです。